伝統の味を守りつつ、ひのな漬けの新たな可能性に挑みます
(上記画像は、「寿司 おさむ」(東京都港区白金)で提供された「ひのな漬け会席」の一部です)
 
「日の菜」は、滋賀県日野町に自生していたとされる「蕪」の一種。後に、蒲生氏郷が滋賀から伊勢へ移封された際に、「日の菜」を持ち込んだといわれています。その「日の菜」を弊社会長が、日野町と土壌条件が良く似ている三重県鈴鹿市での生産に着目。近隣の農家の協力により、試験栽培を繰り返し、日の菜の産地化に成功しました。また、水田での生産拡大にも努め、三重県を日の菜栽培全国一の産地県に育て上げました。日の菜漬けは、従来の米糠漬では発酵が早いため、流通過程や消費者に届くまでに鮮度保持が難しく、需要拡大のマイナス要因でもありました。そこで、弊社会長が、三重県出身の国文学者・本居宣長の家計簿に日の菜のフスマ(小麦製粉時の皮などの残渣)漬けが記載されていることをヒントに、積極的な技術開発に取り組みました。フスマの熱処理程度を中心に各種試験を重ね、乳酸菌の発育抑制から発酵を抑制。さらに、赤と白のコントラストが美しい色合いにも工夫を重ねるなど、今日のフスマ漬けの加工技術を確立いたしました。
マルフクのひのな漬けは、本場石薬師で一本一本大切に育てられた上品な漬物のお姫様です。数多い野菜類のなかでも、あわいピンクに仕上がるのは「ひのな」だけ。味は現代風に酸味もきいて、さっぱりした味わいが喜ばれております。 マルフクのひのな漬けは塩分ひかえめ身体にやさしい製法をとっており健康食品として最適です。 食べ方としては、ふすま漬けとなっておりますので全部水洗いしていただき、お好みにより輪切りやたんざく切りにしてレモン等お好みに合った調味料をかけてお召し上がり下さい。





 
ひのなについてより詳しく知りたい方は、当社HPもしくは、Facebookをご覧ください。

  


三重「地物一番」キャンペーンについて
当社は三重「地物一番」キャンペーンに参加しております。
 
 三重県では、「地域で生産された農林水産物等や農林水産業に由来するサービスを地域で消費・享受することを通じて、地域の住民が、自らの生活、地域のあり方等について見つめ直そうとする運動」を地産地消運動と位置付けて推進しています。
この地産地消運動を一層推進し、県民の皆さんにしあわせを実感していただくためには、県民の皆さんが三重県産農林水産物等に触れ、親しんでいただく機会を増やすことが極めて重要と考えています。
 こうした考えにもとづき、日頃県民の皆さんが三重県産農林水産物等に触れる機会を最も多く提供されている食品小売業等の事業者の皆さんや、これら農林水産物等の生産、流通に携わる事業者の皆さんにお声がけをし、県産食材の取扱いを定期的にクローズアップするキャンペーン「みえ地物一番の日」を毎月第3日曜日とその前日の土曜日に実施しています。
 

【ご案内】GW期間中の配送について

・連休前の最終発送日 4月28日
・連休後の発送開始日 5月8日

ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承くださいます様、お願い申しあげます。
 
 
ひのな一本漬け(2本入り)
ひのな一本漬け(2本入り)
540円(税込)
ひのな刻み
ひのな刻み
540円(税込)
ひのなさくら漬け
ひのなさくら漬け
540円(税込)

ページトップへ